講座案内・コラム

TOEIC600点を目指すためのおすすめ勉強方法

TOEICは、日本企業において従業員の英語レベルや採用時英語レベルの指標としてもっとも使用されている検定です。

TOEIC公式ホームページ

それゆえにTOEICは社会人にとって「ほしい資格」の中で常に上位に位置しています。就職のため、昇進のため、希望部署への配属のためにも必要な資格とされています。

特に600点は、TOEICの点数の提出を求めている企業の中で、最低取得していないといけないレベルとされています。

では具体的にどのような勉強方法で行えば、TOEIC600点に到達できるか、おすすめの勉強方法をご案内させていただきます。

おすすめの勉強方法

1.過去問を繰り返し解く

TOEICは実はとても対策がしやすい資格です。TOEICはビジネスシーンを意識した問題を出題しています。しかし、専門性のある内容は一切出さずに、一般的にありそうなシチュエーションだけを問題にしています。

言い換えれば、専門性のある内容を出せないため、一般的なも=パターン化されたものを出さざるを得ないのです。

TOEICではその性質上、問題はパターン化されやすく、似たような問題が繰り返し出題される傾向があります。

ですので、最初にするべきおすすめ勉強方法は、ひたすら過去問を解き、問題と答えを覚えてしまうことです。TOEICにおいては、ひたすら過去問繰り返す勉強方法だけでも、かなりの点数UPが期待できます。

2.過去問を音読する

次に行ってほしいTOEIC600点を目指すためのおすすめ勉強方法は「過去問をひたすら音読してください」です。音読には黙読をする効果に加え、リスニングを鍛える効果もあります。黙読だとどうしても目から入る情報(文字)だけで内容を理解しようとしてします。音読をすることで同時に耳からの理解(リスニング)を鍛えることができます。

音読ではすべての意味を理解する必要はありません。特に最初はすべての意味を100%理解しようとする必要はありません。大まかな意味を理解するのに必要な単語だけ意味を調べるようにしてください。繰り返し音読するようにしてください。

3.問題をスムーズに解くコツを掴む

TOEICは時間との勝負です。特に600点以下の人は時間が足らずに、すべての問題を解ききれない傾向があります。

悩む時間を費やしてしまうほど、問題を解ききれずに終了時間を迎えてしまいます。

そこで重要になるのは、時間をかけずに解くコツを掴むことです。

このおすすめ勉強方法は、実は過去問を繰り返してれば気づくと思いますし、自然と身に付くものでもありますが、事前に知っておくことで要領よく勉強できるようになります。

TOEICの過去問を繰り返いしていると、全文を読まなくても答えがわかる問題がたくさん出題されていることに気が付くようになります。

たとえば()の前後の前置詞を見るだけで答えが出る問題もあります。このことを知らない人は、()の前後の前置詞を見るだけで答えが出ることを知らずに全文を読んでから答えようとしてしまいます。時間がもったいないです。このような解き方をしていると、時間が足らなくなってしまいます。

時間をかけずに答えを導き出す訓練をしておくことで、余裕をもって試験に臨めます。

関連記事

ページ上部へ戻る