ホーム ブログ

初心者でも安心「ネイティブ発音習得・英会話上達」講座

0
初心者でも安心「ネイティブ並み発音習得・英会話上達」講座を開催します。

英会話の基礎となる発音を中心に・英会話の上達法を指導いたします。

こんな方にお勧め
1 初心者が海外旅行に行っても現地のネイティブな会話に困らないくらいの発音と英会話力を身につけたい
2 外国人とのネイティブな日常会話に困らないくらいの発音と英会話力を身につけたい
3 スピードはゆっくりだが会話に必要最低限の文法知識を使い、適切なリズムでネイティブな会話ができるようになりたい
4 日常生活や基本的な業務の中で自分の言いたいことが言え、相手の言っているネイティブな会話内容が理解できるようになりたい

発音・英会話上達講座 概要

講座内容 1.初心者のためのネイティブな英語の発音と英会話についての基本的知識の学習(講座)
2.初心者のためのネイティブな発音指導(講座)
3.実践形式でのネイティブなレッスントレーニング(講座)
※内容は変更する場合がございます。
期間 11月
講座回数 講座:50分 x 2コマ
講座会場 東京都新宿区・板橋区・豊島区またはその近郊
定員 5名程度
料金 5,900円
支払方法 申込み後5日以内にお振込み

発音・英会話上達講座 日程

2018年 11月2日(金)15時~16時50分
11月23日(金・祝)13時~14時50分

※開始・終了時間は変更する場合がございます。

TOEIC600点を目指すためのおすすめ勉強方法

0

TOEICは、日本企業において従業員の英語レベルや採用時英語レベルの指標としてもっとも使用されている検定です。

TOEIC公式ホームページ

それゆえにTOEICは社会人にとって「ほしい資格」の中で常に上位に位置しています。就職のため、昇進のため、希望部署への配属のためにも必要な資格とされています。

特に600点は、TOEICの点数の提出を求めている企業の中で、最低取得していないといけないレベルとされています。

では具体的にどのような勉強方法で行えば、TOEIC600点に到達できるか、おすすめの勉強方法をご案内させていただきます。

おすすめの勉強方法

1.過去問を繰り返し解く

TOEICは実はとても対策がしやすい資格です。TOEICはビジネスシーンを意識した問題を出題しています。しかし、専門性のある内容は一切出さずに、一般的にありそうなシチュエーションだけを問題にしています。

言い換えれば、専門性のある内容を出せないため、一般的なも=パターン化されたものを出さざるを得ないのです。

TOEICではその性質上、問題はパターン化されやすく、似たような問題が繰り返し出題される傾向があります。

ですので、最初にするべきおすすめ勉強方法は、ひたすら過去問を解き、問題と答えを覚えてしまうことです。TOEICにおいては、ひたすら過去問繰り返す勉強方法だけでも、かなりの点数UPが期待できます。

2.過去問を音読する

次に行ってほしいTOEIC600点を目指すためのおすすめ勉強方法は「過去問をひたすら音読してください」です。音読には黙読をする効果に加え、リスニングを鍛える効果もあります。黙読だとどうしても目から入る情報(文字)だけで内容を理解しようとしてします。音読をすることで同時に耳からの理解(リスニング)を鍛えることができます。

音読ではすべての意味を理解する必要はありません。特に最初はすべての意味を100%理解しようとする必要はありません。大まかな意味を理解するのに必要な単語だけ意味を調べるようにしてください。繰り返し音読するようにしてください。

3.問題をスムーズに解くコツを掴む

TOEICは時間との勝負です。特に600点以下の人は時間が足らずに、すべての問題を解ききれない傾向があります。

悩む時間を費やしてしまうほど、問題を解ききれずに終了時間を迎えてしまいます。

そこで重要になるのは、時間をかけずに解くコツを掴むことです。

このおすすめ勉強方法は、実は過去問を繰り返してれば気づくと思いますし、自然と身に付くものでもありますが、事前に知っておくことで要領よく勉強できるようになります。

TOEICの過去問を繰り返いしていると、全文を読まなくても答えがわかる問題がたくさん出題されていることに気が付くようになります。

たとえば()の前後の前置詞を見るだけで答えが出る問題もあります。このことを知らない人は、()の前後の前置詞を見るだけで答えが出ることを知らずに全文を読んでから答えようとしてしまいます。時間がもったいないです。このような解き方をしていると、時間が足らなくなってしまいます。

時間をかけずに答えを導き出す訓練をしておくことで、余裕をもって試験に臨めます。

楽しい短期1日集中英会話講座(東京)

0

1日だけの短期集中英会話講座を東京を中心に実施しています。

全く英語を話せない初心者から上級者まで回ごとにレベルに合わせて参加できます。

初級者や初心者はゲームなども交えた楽しいレッスンです。上級者はディベートや交渉、会議にも挑戦してみましょう。

2019年講座日程

日程 場所 レベル
10/3(Wed) 東京 初級
10/7(Sun) 池袋 上級
10/14(Sun) 新宿 初心者

日程追加まで少々お待ちください。

英会話・英語に関する業界別検定資格・社内検定を作成・運営いたします。

0

(財)日本英会話協会では英会話に関する業界別検定資格・社内資格を作成・運営いたします。

「社内や業界で英会話・英語に関する資格や検定を作りたい」という要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

メーカー、食品、農林、水産、建設、住宅、インテリア、繊維、化学、薬品、化粧品、鉄鋼、金属、鉱業、機械、プラント、電子、電気機器、自動車、輸送用機器、精密、医療機器、印刷、事務機器関連、スポーツ、玩具、サービス、インフラ、不動産、鉄道、航空、運輸、物流、電力、ガス、エネルギー、フードサービス、ホテル、旅行、医療、福祉、アミューズメント、レジャー、コンサルティング、調査、人材サービス、教育、商社、ソフトウエア、インターネット、通信、小売、百貨店、スーパー、コンビニ、専門店、出版、マスコミ、放送、新聞、出版、広告、金融、銀行、証券、クレジット、信販、リース、生保、損保、官公庁、公社、団体

お問い合わせフォーム

英会話講師で独立・起業を成功させるためのコーチング

0

英会話講師として独立したり、英会話スクールを起業した際に必ず壁になるのが集客です。

せっかく英会話講師になるために準備をして、教材やカリキュラムまで作ったのに、肝心の生徒さんが全く集まらないと嘆いている先生たくさんいます。そして起業をあきらめ、また英会話スクールで働く出戻り英会話講師が数えきれないほどいます。

どうして英会話講師として独立を成功させるのが難しいのか。

なぜなら英会話講師は教え方は一生懸命勉強してきたのに、生徒さんを集める集客方法を全く勉強せずに独立するからです。これは英会話講師に限ったことではありません。起業した会社の3社に2社は3年以内に潰れます。10年後には10社中9社が潰れてしまいます。潰れる原因の1位は、「販売・集客」がうまくいかないことです。

日本英会話協会では、あなたの独立・起業が成功するためにコーチングをさせていただいております。

個別相談を用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

保育園での英語教育について

0

現在多くの保育園が英語教育の導入を進めています。

保育園内で児童が英語のレッスンを受けられるようにして、英語や外国人にふれさせる機会を与えています。

保護者からも好評のようで、「子供が英語に興味を持つようになった」「楽しそうにその日の出来事を話してくれる」などたくさんの感想が集まっています。

現在、英語教育を開始する時期が低年齢化してきています。

近い将来には、義務化までは行かないものの、保育園での英語教育は必須になると考えられます。

そのためか、最近、保育園からの英語の授業をしてほしいという依頼が増えています。

英語教育への取り組みに積極的な保育園が増えていることはとても喜ばしいことです。

社員の英会話力を伸ばす方法

0

社員の英会話力が伸びないと悩んでいる経営者の方から多くの相談をいただいています。

取引先が外国であったり、お客様が外国人であったり、社員に外国人を採用していたりと、今後も英語が必須になる企業は、どんどん増えて行くと思います。

そんな中、「社員の英会話力強化」に失敗している企業がとても多いようです。

さて本題の「社員の英会話力を伸ばす方法」についてですが、多くの経営者はどのような方法で勉強させれば英会話が伸びるのかを知りたがります。

もちろん勉強方法はとても大切です。効果的な勉強方法があれば、それを取り入れればよいでしょう。

でも、多くの企業を見てきて思うのが、それ以前の問題が起こっていることに経営者が気付いていないということです。

何だかわかりますか?

「多くの社員は英語なんか勉強したくないんです」

この非常に大きな問題を脇に置いて、「どのようなレッスンが良いか」「どのような勉強方法をさせたらよいか」を相談する経営者がとても多いです。

まず最初に重要になるのは、勉強方法やレッスン内容ではなく、「どうしたら社員が英会話を学びたくなるのか?」ということではないでしょうか。

仕事も同じじゃないでしょうか。

「社員のやる気を引き出す」「社員のモチベーションを上げる」が業績を左右する。

英会話も全く同じで、社員の英会話に対するモチベーションを上げられれば、社内の英会話力は着実に向上します。

どうしたら社員の英会話に対するモチベーションがあがるのか、ぜひ考えてみてください。

英会話講師の仕事内容

0

英会話講師と言うと教えることだけが仕事と思われますが、実は授業中の時間より、準備にかかる時間の方が長くなることもあります。

もちろん先生という立場上自分自身も日々英会話力を磨いていかなければなりません。

では具体的に仕事内容を見て行きましょう。

英会話講師の主な仕事内容

授業の準備

多くの英会話講師は授業の準備にとても時間をかけます。授業の質はこの準備によって変わってくると言っても過言ではありません。そのくらい準備が重要だということを覚えておいてください。

中には準備をしないで授業に挑む先生もおります。とても残念なことですが、受講されている生徒さんからすれば、その先生が準備をして授業を行っているかどうかは一目瞭然です。

英会話講師は生徒さんと対面して教えることが仕事と思われるかもしれませんが、良い授業をするには、それなりの準備が必要になります。

授業の実施

授業はすべての生徒さんに均等に目配せし、平等に話す機会を与えないといけません。よくあるのは、積極的で話したがる生徒さんばかりが話す機会を持ち、一部の生徒さんは委縮して話せない状態になってしまうことです。

このようなことがないように、授業を管理する事も英会話講師の大きな役割です。

恥ずかしがり屋の生徒さんは、「間違えたら恥ずかしい」と思っていることがあります。どのようにしたらこのような生徒さんが積極的に発言できるようになるのかを検討し、補佐していく必要があります。

生徒さんに自信を持たせることも英会話講師の仕事なのです。

生徒さんの進捗の管理

個々の生徒さんが、どの程度の学習状況か、苦手な部分はどこかを把握し、苦手部分は克服できるようにサポートし、その後のレッスンに組み込んでいかなければなりません。

このように授業前、授業中、授業後と英会話講師の仕事内容は多岐にわたります。

子供英会話講師の資格

0

公認子供英会話講師の資格は子供英会話講師を目指す人のための資格です。子供への指導は大人へのものと異なり、教えるという技術以上に、子供とのコミュニケーションが大切になります。

どんな人が子供英会話講師に向いているのか?

子供好きは最低条件

とにかく子供好きということは最低条件です。子供英会話講師を目指すのですから、子供嫌いの方はいないと思いますが、思いやりを持って接することのできる人でなければなりません。

忍耐力がある

まじめな子供もいれば自由な子供もいます。自主的に英会話を学びたいという子供もいれば、自分はその気はあまりないけど親の意向でレッスンを受ける子供もいます。ですので、英会話講師の思い通りにレッスンを進められるとは限りません。そんなときでも冷静に対処できなくてはいけません。

公認子供英会話講師とは

公認子供英会話講師は子供に英会話を教えたいという人のための資格です。子供英会話講師養成講座を取得し、英会話検定3級を取得すると、資格取得が可能になります。

資格取得までの期間

子供英会話講師養成講座は1ヶ月で完了しますので、資格所得までの期間は最短で1ヶ月になります。公認の期限は10年になります。

子供の才能を伸ばすために

公認子供英会話講師の資格は取ることが目的ではありません。実際に資格取得までの間に学んだことを生かして、子供の才能を伸ばすことが大切になります。力を付けていくスピードは子供によって異なります。それぞれの子供にあったペースや学び方を模索し、もっとも効果的に英会話の力を伸ばせるようにすることが講師の役目です。

子供たちが楽しく学べ、英会話を好きになってもらうこと、またモチベーションを維持してもらうようにすることも講師の役目です。

子供英会話講師の今後のニーズについて

現在は幼少期から子供に学習機会を与えるようになっています。今後この傾向は加速すると思われます。0才からスクールに通わせる親御さんもいます。海外で活躍するためにはもちろん日本国内でも英語を話す機会は増えていきます。

子供の将来のために

英語が話せるということは、将来子供がどのようなキャリアを形成していくかに大きな役割を果たします。資格取得後は子供の将来のために役に立て、とてもやりがいのある仕事です。

英会話講師の資格

0

当財団では、英会話講師を目指している人のために、資格を実施しています。

公認英会話講師という資格

「公認英会話講師」は日本人の英会話力向上の手助けをする人材を養成るために、設立されました。当財団では世界を舞台に活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

日本人の英会話力向上に欠かせないのは、何といっても指導者です。良い指導者を育てることで、日本人はもっと世界で活躍できると考えています。

この資格を取得するためには、英会話講師養成講座を受講いただき、講師としての教養を身に付け、指導方法や、教育者としての人格を身に付けていただきます。

英会話講師を目指す方へ

英会話講師というのはとても人の役に立てる職業です。現在、海外で仕事をしたいという人が増えており、日々英会話へのニーズが高まってします。この職業は英語ができるようになりたい人のために役に立ち、生徒さんの上達により人々の役に立てていると実感でき、自分の喜びになります。

現在英会話力強化のため国でも力を入れており、英会話講師はとても必要とされている職業になっています。

英会話講師の資格を取得する意義

この資格はあなたの夢を実現させてくれる第1歩になります。資格を持っている先生と持っていない先生では生徒さんからの心象やイメージも異なったものになります。

また就職の際には有資格者として、評価されます。

公認英会話講師資格を取得するには

この資格を取得するには、当財団が主催している英会話講師養成講座を受講し終了する必要があります。また併せて英会話検定2級に合格することが条件になります。双方がそろうと、公認英会話講師としての資格を取得できます。

英会話講師養成講座につきましてはこちらに掲載しています。

英会話講師養成講座では資格を取得するために必要なスキルやノウハウを磨いてもらいます。

英会話講師に必要なこと

英会話講師というと英語のレベルが高く、教える技術を持っていることが最も重要だと思われがちですが、実際に一番大切なことは生徒さんへの思いやりや他人の役に立ちたいという心の持ち方だと考えています。

人として生徒さんと触れ合う必要があるので、英語能力や指導技術を上げると同時に人格を磨いていく必要があります。

また生徒さんのモチベーションを保つために、コーチやアドバイザー的な役割も担います。このように英会話講師は幅広い力を身に付けなければいけません。

公認英会話講師の資格を目指す方には、技術や能力と一緒に必ず人間性を磨いていただくことを行っています。

資格取得後の就職等について

資格取得後はぜひ資格を生かせる仕事について、勉強してきたことを社会のために役立ててください。

公認英会話講師の資格取得後の主な就職先

資格を取得した後の主な就職先は、語学学校や専門学校、小中高校などがあります。また独自でスクールを始められる方もいます。

現在有資格者へのニーズは高まっており、就職の際の採用の一助になると思われます。もちろん自身でスクールを始められる際にも生徒さんは、資格があることで安心して選択することができるようになります。

現役講師のキャリアアップに

またすでに現役で英会話講師をしている先生がキャリアアップや指導技術の向上のために、資格取得を目指すというケースもたくさんあります。先生という職業は辞める時までが勉強になります。

常によりよい指導者になるために教え方の勉強、工夫を考え、向上を目指して行かなければなりません。

英会話講師になって

英会話講師の資格を取って実際に現役講師として活躍する先生からのメッセージです。

人の役に立てる喜びを感じています。

資格を取ってすぐに英会話講師として働き始めました。資格を取っても実務経験のない私がすぐに働けるとは思っていませんでした。しかし、すぐに就職先が見つかり、講師として勤務することになりました。最初は戸惑いもあったものの、とにかく頑張ろうという思いで、1回ごとのレッスンに懸命に挑みました。

英会話講師養成講座での経験が役に立ち、職場では想像以上に評価されました。生徒さんの英会話も上達していることが感じられるたびにこの職業を選んでよかったと思っています。

生徒さんの上達スピードは人それぞれで、時間がかかる人もいれば、日に日に上達を感じられる人もいます。忙しい時間の間を縫って勉強しているため、あまり英会話に時間を費やせないという人もいます。そうすると自然と上達には時間がかかってしまいます。でもこういう人たちにも英会話を続けてもらうようモチベーションをキープすることも講師の役割です。

資格を取るということは通過点に過ぎません。でも資格を取らなければ英会話講師にはなっていなかったと思いますし、資格を取ったからこそ仕事が順調に見つかったのだと思います。

私にとって公認英会話講師の資格取得は人生のターニングポイントになりました。

これから英会話講師になりたいという方に私から言えることは、一歩を踏み出す勇気が大切ということです。一歩を踏み出せばなるようになるものです。

資格取得で信頼度が上がりました。

英会話講師という仕事は特に資格がなくてもできる仕事です。私も最初は資格なんて必要ないと思っていました。

でも、英会話講師になりたい人は非常に多くなかなか採用されませんでした。

そこで就職に役に立つのならと考えを改め、公認英会話講師の資格を取得することにしました。

資格取得後は最初に応募した語学学校に就職が決まりました。採用する側にしてみれば、資格を持っているのと持っていないのでは全然印象が違うのだなと痛感させられました。

また生徒さんにも、資格を持っていると言うだけで、安心してもらえ、信頼してもらえる気がします。