ブログ

英会話講師の仕事内容

英会話講師と言うと教えることだけが仕事と思われますが、実は授業中の時間より、準備にかかる時間の方が長くなることもあります。

もちろん先生という立場上自分自身も日々英会話力を磨いていかなければなりません。

では具体的に仕事内容を見て行きましょう。

英会話講師の主な仕事内容

授業の準備

多くの英会話講師は授業の準備にとても時間をかけます。授業の質はこの準備によって変わってくると言っても過言ではありません。そのくらい準備が重要だということを覚えておいてください。

中には準備をしないで授業に挑む先生もおります。とても残念なことですが、受講されている生徒さんからすれば、その先生が準備をして授業を行っているかどうかは一目瞭然です。

英会話講師は生徒さんと対面して教えることが仕事と思われるかもしれませんが、良い授業をするには、それなりの準備が必要になります。

授業の実施

授業はすべての生徒さんに均等に目配せし、平等に話す機会を与えないといけません。よくあるのは、積極的で話したがる生徒さんばかりが話す機会を持ち、一部の生徒さんは委縮して話せない状態になってしまうことです。

このようなことがないように、授業を管理する事も英会話講師の大きな役割です。

恥ずかしがり屋の生徒さんは、「間違えたら恥ずかしい」と思っていることがあります。どのようにしたらこのような生徒さんが積極的に発言できるようになるのかを検討し、補佐していく必要があります。

生徒さんに自信を持たせることも英会話講師の仕事なのです。

生徒さんの進捗の管理

個々の生徒さんが、どの程度の学習状況か、苦手な部分はどこかを把握し、苦手部分は克服できるようにサポートし、その後のレッスンに組み込んでいかなければなりません。

このように授業前、授業中、授業後と英会話講師の仕事内容は多岐にわたります。

関連記事

ページ上部へ戻る